気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS 被告が一転して否認の真相は?

<<   作成日時 : 2006/12/03 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

村上世彰
むらかみ よしあき、1959年8月11日は、大阪府大阪市出身の投資家。ニックネームは「せしょう」。世彰をよしあきでなく、せしょうと読む人が多いためだという。シンガポールに移住したが保釈中のため、現在は六本木ヒルズの住人。渋谷区広尾に時価11億円ともいわれる豪邸を建設中で、村上がその近隣への挨拶も既に済ませていたことがニュースで報じられた。

M&Aコンサルティング取締役。通称「村上ファンド」を創設した人物。現金や遊休優良資産を抱えていながら有効活用していない会社の株式を取得し、資産を有効活用し企業価値を上げるよう提案などを行う、株主を軽視する経営者に対しては株主総会などで経営陣を批判・叱咤することなどから、「もの言う株主」として注目を集めた。


被告
一般的にはある裁判上の訴えを起こされた側の当事者を言い、原告に対する言葉である。


否認
事実を認めないこと。承認しないこと。「罪状を否認する」


真相
・真実のすがた。実際の有様。現代では、世間に知られていたのとは違う、ほんとうの事情や内容という意味に用いることが多い。「事件の真相」
・室町後期の画家。足利義政に仕えた同朋衆で、真芸の子。相阿弥とも呼ばれ、三阿弥の一人。水墨画に長じ、造園、いけ花、茶器の鑑定にもすぐれる。画風は牧谿の技法を学び、真能の作風を継承して阿弥派の画風を完成。(〜一五二五)



占いリンクサイトシンプル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
被告が一転して否認の真相は? 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる