気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS ノロウイルスが猛威を振るい、感染性胃腸炎が過去25年で最大の流行

<<   作成日時 : 2006/12/09 08:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ノロウイルス
食中毒や胃腸炎の原因ウイルス。従来,小型球形ウイルス(SRSV)と呼ばれていたもの。
〔生ガキを介する感染が多いが,人経由の感染も多数認められている〕


猛威
・振り動かす。ゆり動かす。*落窪‐一「心さわぎて、起ちゐふるひ」
・(揮)思うままに取り扱う。棒状のものを縦横に駆使して用いる。「剣を振るう」
・十分にあらわし示す。発揮する。ふり回す。ひけらかす。「経営に腕をふるう」「インフルエンザが猛威をふるう」
・(奮)勇み立たせる。励ます。気力をわき起こさせる。「勇気を奮う」
・残らず出す。全部出し尽くす。すっかりはたき出す。
・振り動かして払い落とす。
・勢いが盛んになる。気力が盛りあがる。勇み立つ。
・ふつうとは違っている。とっぴである。


感染
・病原体が、体内に侵入すること。伝染病にかかること。
・他のものの風習にそまること。他人の考えなどの影響をうけて、それにそまること。


胃腸
胃と腸。食物の消化・吸収が行われる器官。


過去
・仏語。三世(さんぜ)の一つ。前世。過去世。
・(―する)通り過ぎていなくなること。また、死ぬこと。
・過ぎ去った時。昔。
・文法で、過ぎ去った動作や状態を表わす語法。


最大
ある範囲のうちで形、数量、かさ、規模、価値などが最も大きいこと。また、程度が最もはなはだしいこと。


流行
はやること。その時代の多くの人からもてはやされること。また、その風俗、様式、芸能など。「はやりの歌(服装)」




資料請求が熱い!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノロウイルスが猛威を振るい、感染性胃腸炎が過去25年で最大の流行 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる