気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS 高麗人参食品に残留農薬

<<   作成日時 : 2007/01/11 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高麗人参
ウコギ科の多年草。朝鮮原産で、薬用植物として広く栽培。主根は太く先が分岐し、白色で独特の香りがある。茎は高さ約70センチメートル。茎頂部に五個の小葉から成る掌状複葉を数個輪生する。夏、茎頂に散形花序を出し淡緑黄色の小花を多数つける。根は強壮・健胃などの薬用にする。御種人参(おたねにんじん)。朝鮮人参。地精。


高麗
・高麗朝。九一八年から一三九二年まで存在した朝鮮の王朝。
・わが国でいう朝鮮半島の別名。高句麗(こうくり)。こま。


人参
・セリ科の二年草。ヨーロッパ原産と考えられ、日本には中国から伝わり、古くから栽培されている主要な野菜の一つ。高さ一〜一・五メートル。根は肥厚し倒円錐形で橙黄色を帯び、比較的短根のものと、長根のものとがある。葉は長柄をもち羽状複葉で数回分裂、終裂片は披針形で縁に鋸歯がある。夏、多数の白いごく小さな五弁花からなる大きな複散形花序を出す。総苞は葉状で分裂する。果実は長さ三ミリメートルぐらいの長楕円形で多くのとげがある。根は芳香と甘味があり食用にされ、また若葉も食べられる。三寸、滝野川、金時など多数の品種がある。漢名、胡蘿蔔。なにんじん。はたにんじん。せりにんじん。
・「ちょうせんにんじん(朝鮮人参)」の異名。
・(原題フランスPoil de Carotte)小説。ルナール作。一八九四年成立。そばかすと赤毛のため「にんじん」と呼ばれ、父とうちとけず母にもかわいがられなかった少年が、ふとしたことから父としみじみ語り合い、愛にめざめる物語。一九〇〇年一幕物としてルナール自身が劇化。


食品
「食品」「食料」は、多く、主食となるもの以外の食用にするものをいう。
「食べ物」は、人間ばかりでなく動物が食べる物についてもいう。


残留農薬
農作物や動植物の体内や体表面、あるいは土壌中に残存している農薬。


残留
残りとどまること。あとに残ること。また、その残ったもの。居残り。


農薬
農業で、作物に直接使用される薬剤の総称。用途によって、殺菌剤、殺虫剤、除草剤、植物生長調整剤などの区別がある。




パチンコにも打ち方がある!






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高麗人参食品に残留農薬 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる