気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS 25年ぶりに温泉の効用の適応症基準を科学的に見直し

<<   作成日時 : 2007/02/03 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

温泉
自然に湧出し、または人工的に汲み出したとき、その地域の平均気温よりも高い水温をもつ地下水。場所によって年平均気温が異なるため、わが国では摂氏二五度以上と決められている。また、その湯に入浴する施設のあるところ。いでゆ。


効用
・その物の使いみち。その物を使う方法。用途。
・ききめ。功能。効験。「説教の効用があらわれる」
・個々の人間が財貨や用役に対して感ずる主観的な欲望充足の度合。


適応症
医学で、特定の薬剤や手術などによる治療の効果が期待できる病気。


基準
ものごとの基礎となる標準。


科学的
ある事物に対する説明や行為が科学の方法に合っているさま。実証的、合理的、体系的で正確なさま。


見直す
・見て、悪い状態をもとのように良くする。
・改めて見る。もう一度見て正しく直す。また、改めて価値を認める。見て思いなおす。



地球にやさしいカード









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
25年ぶりに温泉の効用の適応症基準を科学的に見直し 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる