気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS 上村愛子がフリースタイルスキー・モーグル全日本選手権を貫禄の4連覇

<<   作成日時 : 2007/03/18 20:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

上村愛子
兵庫県伊丹市出身のモーグルスキーヤー。身長156cm、体重48Kg。血液型はAB型。北野建設スキー部所属。1979年12月9日生。

兵庫県伊丹市に生まれるが心臓に先天性の疾患があった都合で、幼少時に白馬に移住し、家はペンションとなる。小学生からアルペンスキーを始め、旅行先のカナダで目の当たりにした、ロシアのセルゲイ・シュプレツォフ(故人)のすべりに感銘を受け、14歳でモーグルに転向。

1995年から全日本合宿に参加。1996年にワールドカップ最終戦に初出場、3位入賞という快挙を成し遂げ、スキーファンから注目を浴びるようになる。(このときの男子優勝者は同じ日本の坂本豪大でモーグル競技における初の日本人W杯優勝であると同時に、初の男女アベック表彰台であった。)

18歳で出場した長野オリンピックで7位入賞。アイドル並のルックスで世間の注目を集める。ソルトレークシティーオリンピックでは6位に、トリノオリンピックでは5位に終わった。
2002/2003シーズンにレークプラシッドでFISワールドカップ初優勝。2004/2005シーズンにヴォスでワールドカップ2勝目。


フリースタイルスキー
スキーしながらいくつかの「技」や美しさを競う競技。カルガリーオリンピックで公開種目で、アクロ(旧バレエ、バレエスキー)、モーグル、エアリアルの3種目が行われたが、アクロは正式種目にならなかった。 オリンピックではアルベールビルよりコブの多い急斜面コースを滑るモーグル、リレハンメルより人工のジャンプ台を利用し空中で回転やひねりなどの美しさを競うエアリアルの二種目がある。国際スキー連盟(FIS)が主催するワールドカップでは、これに加え、複数の選手が同時に一つのコースを滑って順位を競うスキークロス、空中での技を競うハーフパイプの四種目が行われている。


モーグル
急でコブ(凹凸)の深い斜面を滑り降り、ターン技術、エア演技、スピードを競うスキーのフリースタイル競技の1つ。語源はノルウェー語のMogul(雪のコブ)である。
基本的に1人で滑り降り、ターン点、エア点、タイム点の合計点数を競うが、ワールドカップなどでは2人で同時に滑るトーナメント方式のデュアル競技もある。 用具において一般のゲレンデスキー(アルペンスキー)と違う点はストックがかなり短いこと、ブーツや板のフレックスが柔らかいこと、スキーをずらしやすくするためサイドカーブがあまりないこと、コブをすべる際に前後のバランスがシビアなためスキーがやや長い点などである。


貫禄
身にそなわっている威厳、重み。からだつきや動作、物言いなどから感じられる重重しさ。「中年の貫禄」「貫禄十分」


連覇
競技などで、続けて優勝すること。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上村愛子がフリースタイルスキー・モーグル全日本選手権を貫禄の4連覇 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる