気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS 高橋大輔が、ショートプログラム3位でメダル圏内

<<   作成日時 : 2007/03/21 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高橋大輔
日本の男子フィギュアスケート選手。岡山県倉敷市出身。倉敷翠松高等学校卒。関西大学文学部在学中。血液型A型。 日本人男子初の世界ジュニア選手権(2002年)の優勝者。またトリノオリンピック日本代表である。1986年3月16日生。

滑らかでスピードのある美しいスケーティングと、ディープエッジを駆使する左右バランスの取れたステップが、世界でもトップクラスとして高く評価されている。
最も得意とするストレートラインステップ・シークエンスでは、2005年のNHK杯ショートプログラムで、また2006年のNHK杯ではショート・フリー共に最高難度である「レベル4」を獲得。
クォドラプル(4回転)トウループ、トリプルアクセルなどの高度な技を持ち、男子選手には珍しいレイバックスピンも見どころ。また、2007年現在のISU公式戦では未だ成功者のいない4回転フリップに挑戦中であることを明らかにしている。
音楽を的確に掴むセンスとリズム感に優れ、顔の表情や腕の動きで情熱的に感情を表現する力と、繊細さと荒々しさを併せ持ったような独特の雰囲気で、見る者を魅了する。
コーチは長光歌子、振付はニコライ・モロゾフ。


ショートプログラム
演技時間は、2分50秒。その間に、「アクセルジャンプ(三回転もしくは二回転)」,「ステップからのジャンプ(四回転もしくは三回転)」,「ジャンプコンビネーション(四回転-三回転,四回転-二回転,三回転-三回転もしくは三回転-二回転)」,「フライングスピン」,「任意の単一姿勢での足替えスピン」,「スピンコンビネーション」,「異なる2種類のステップシークエンス」の8個の要素 (elements)を必ず1つずつ行う。余分な要素があったり、ミスをした要素をやり直してはいけない。ジャンプは規定より回転不足になるとその技術点から更にGOEとして3点減点される。また、ジャンプは基本的に各要素で同じ種類のジャンプを跳んではいけない。四回転は演技中1回のみで、アクセルジャンプの要素でトリプルアクセルを跳んだ場合、他のジャンプの要素でトリプルアクセルを跳んではならない。


メダル
競技の入賞者や功績のある者に褒賞として贈られる記章。金属製で、文字や図案を浮彫りにした円形のものが多い。また、行事の記念などのために作られたり、売り出されたりするものをもいう。


圏内
範囲の内。輪の内側。「合格圏内にある」「大気圏内」




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高橋大輔が、ショートプログラム3位でメダル圏内 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる