気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS 桑田真澄投手のオープン戦デビューはパーフェクト

<<   作成日時 : 2007/03/05 16:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

桑田真澄
桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 - )は、大阪府八尾市生まれのプロ野球選手(現役期間1986年 - )。ピッツバーグ・パイレーツのマイナー所属の投手。右投右打。背番号は52。身長: 174cm、体重:80kg。

投手としては恵まれない体格ながら、理想的な投球フォームと、野球に取り組む真摯な態度によって、彼を模範とするプロスポーツ選手も多い。高校球児の憧れの存在で、新人選手の目標とする選手に多くあげられる。現在ボーイズリーグの麻生ジャイアンツの会長も務めている。

高校時代から清原和博ともにクリーンナップを打ち、プロに入ってからも打撃には定評がある。打者として本塁打7本を記録しており、現役の投手では中日ドラゴンズの川上憲伸と並んで1位である(史上1位は金田正一の36本、ただし投手として出場した時のみ)。その為色々なエピソードが生まれている。

守備のうまさにも定評があり、幾度となくゴールデングラブ賞を獲得している。その守備はバントの名手川相昌弘をもってして「バントが一番決めにくい投手」と言わしめた。

PL学園高校出身。高校野球で活躍し、同期の清原和博とともに「KKコンビ」と呼ばれる。高校野球激戦区の大阪府から甲子園に出場可能な5回(1年生時の春の甲子園は入学前なので5回となる)全てで出場。そのうち4度決勝に進出し優勝2回(1年夏と3年夏)。1983年、1年生で背番号「11」ながら夏の甲子園に同校の事実上のエースとして出場。水野雄仁を擁して3大会連続甲子園優勝を目指した「やまびこ打線」の池田高校(徳島)を準決勝で7対0と破り、決勝では横浜商業を3対0と下して優勝を飾り、学制改革以降最年少優勝投手の記録を立てた。1984年の2年生での春夏の甲子園はいずれも接戦で敗れ準優勝。1985年、3年生のときは春はベスト4、夏は決勝戦で宇部商を下し優勝。甲子園での通算勝利数は歴代2位で学制改革以後は1位。打者としての才能にも優れ、甲子園通算本塁打数も清原和博に次ぐ歴代2位(6本)である。高校通算25本塁打。5回の大会のなかで桑田・清原のいたPL学園を完璧に抑えたのは、高校3年春の甲子園準決勝で対戦した渡辺智男(後に西武ライオンズ→福岡ダイエーホークス)のいる伊野商業だけだった。

1985年のドラフト1位で巨人に入団。このとき、桑田は早稲田大学進学を希望し他球団が指名を敬遠していたことから、巨人との密約が囁かれる。


オープン戦
・プロ野球などでシーズン前の調整のために行われる非公式な試合。プレシーズンとも。

・競馬で、基本的に未出走・未勝利の競走馬以外なら賞金の獲得額に関係なく出走できるレース。ただし中央競馬の場合、上半期4歳以上・下半期3歳以上で賞金獲得額1601万円以上クラス。オープンクラス。


デビュー
(フランスdeut)ある人が社交会や舞台、文壇など公開の場に初めて登場すること。また、作品などを初めて世に出すこと。初舞台。「デビュー作」


パーフェクト
完全、完璧であること。




ネイルアーティストの資料




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
桑田真澄投手のオープン戦デビューはパーフェクト 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる