気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS 片山晋呉の2007年3月26日付男子ゴルフ世界ランキングは36位

<<   作成日時 : 2007/03/26 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

片山晋呉
片山晋呉(かたやま しんご、1973年1月31日 - )は、茨城県筑西市(旧下館市)出身のプロゴルファーである。子供のころ、ゴルフ場経営者の父の影響でゴルフを始め、5歳でラウンドデビュー。それ以後もゴルフの英才教育を受け、茨城県内屈指のゴルフの名門校である水城高等学校から日本大学に進学。日本アマチュア選手権優勝、日本オープン選手権・ベストアマチュア賞などを獲得する。
1995年にプロゴルファーテスト合格。チャレンジツアー(2軍組織、当時の名称は「グローイングツアー」)では上位に君臨するも、レギュラーツアーでは予選落ちを繰り返すが、江連忠プロ(ティーチングプロ、いわゆるプロ選手の資格があるコーチ)の指導の下で頭角を現す。1998年に後援競技の「サンコー・グランドサマートーナメント」でレギュラーツアー初優勝を果たした。
2000年、ダンロップフェニックストーナメントやメジャータイトルの「ゴルフ日本シリーズ・JTカップ」などで優勝を飾り、初の賞金王(賞金ランキング1位)に輝く。2003年に日本プロゴルフ選手権大会で初優勝を達成。2004年に2度目の日本ツアー賞金王になった。2005年は日本オープン選手権とブリヂストンオープンで優勝し、2年連続3度目の賞金王が確定した。トレードマークはテンガロンハット。ツアー競技で優勝するたびに様々なパフォーマンスを繰り広げることでも知られる。
2001年、全米プロゴルフ選手権で4位入賞。この時アメリカのゴルフファンにも「カウボーイ・シンゴ」という愛称で呼ばれた。


男子
・おとこのこ。男児。
・おとこ。男性。また、立派な男。男児。


ゴルフ
屋外コース上で、地上の小球をクラブで打ち継ぎ、定められた穴(ホール)へ入れ、それに要した打数によって優劣を争う球技。


世界
・仏語。衆生が住む時間と空間との全体をいう。娑婆世界。三千大千世界。
・人間関係をもって成立している、ある範囲の場所。
 @人間社会の全体。人が生活する地域。世間。世の中。
 A@を、自分が属している既知の地域、それ以外の未知の地域などと分けた場合、それぞれの範囲の地域。
 B国家の集合したもの。万国。地球。「全世界の注目を浴びる」
・同一種類のものの集まり。職業、世代、専門分野などで、ある種の共通点をもつ人が形成する社会。また、共通性をもつ動物が形成する社会。「政治の世界」「魚の世界」
・文学など、ある創作物が作りあげている、全体の場。また、創作者に関する観念の全体像。「源氏物語の世界」「ピカソの世界」
・自分が得意とする分野。自由にふるまえる境遇。
・(英world ドイツWeltの訳語)相互作用によって結びつけられているすべての事物や過程を含む全体、理念としての宇宙。認識論では、客観的感性界、概念的に構成された機械的世界、心理的世界、直接体験の世界などを含む全体。


ランキング
順位をつけること。等級をつけること。また、その順位や等級。順位づけ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
片山晋呉の2007年3月26日付男子ゴルフ世界ランキングは36位 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる