気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS 田中将大(楽天)のデビューは、涙の6失点KO

<<   作成日時 : 2007/03/30 20:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

田中将大
田中 将大(たなか まさひろ、1988年11月1日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手である。パシフィック・リーグの東北楽天ゴールデンイーグルス所属。ポジションは投手。
昆陽里小学校1年から野球を始め、「昆陽里(こやのさと)タイガース」に所属。当時は捕手で、小学生にして座った体勢からそのまま投げ、二塁までノーバウンドで届くほどの強肩だったという。ちなみにこの当時、坂本勇人(現巨人)とバッテリーを組んでいた。
伊丹市立松崎中学校進学後は「宝塚ボーイズ」に所属。強肩強打の投手兼捕手として活躍し、中学三年の時には関西南選抜に選ばれている。
北海道の駒大苫小牧高校に進学。
最速150km/hの伸びのある非常に重い豪速球と、超高校級の高速スライダーを武器に、高校通算429奪三振を記録。周囲からは「怪物」「世代最強エース」と評される。
高校通算奪三振は横浜高校の松坂大輔(現・ボストン・レッドソックス)の記録を超え、奪三振率も松坂より高い。
打者としても能力が高く、高校通算13本塁打を放っており、明治神宮大会では決勝まで4試合連続本塁打を放っている。
早稲田実業ー早稲田大学の斎藤佑樹投手とは「佑ちゃん」「マー君」と呼び合っている。


楽天
東北楽天ゴールデンイーグルス(とうほくらくてんゴールデンイーグルス、Tohoku Rakuten Golden Eagles)は、2005年からパシフィック・リーグに参入した日本のプロ野球球団。通称は楽天イーグルス、東北楽天。球団運営会社は、株式会社楽天野球団。
2004年9月に日本プロフェッショナル野球組織の加盟料撤廃(代って預かり保証金制度を実施)の決定を受けてプロ野球チームの設立を提案。9月24日に宮城県をフランチャイズ(地域保護権)とする新球団の加盟を申請した。同年10月22日に新球団のチーム名を東北楽天ゴールデンイーグルス(通称:楽天イーグルス)とすることと、初代監督に田尾安志が就任することを発表した。このときライブドアベースボール(呼称:仙台ライブドアフェニックス)も加盟申請を行っていたが、同年11月2日のプロ野球オーナー会議で楽天のみの参入が正式に承認された(プロ野球の新規参入球団は1954年の高橋ユニオンズ以来50年ぶり)。


デビュー
ある人が社交会や舞台、文壇など公開の場に初めて登場すること。また、作品などを初めて世に出すこと。初舞台。「デビュー作」



眼球上部にある涙腺から出る透明な液体。悲しみ・感激・苦痛などの神経的な高ぶりや外部からの物理的刺激に応じてあふれ出る。ヒトをはじめ脊椎動物にみられる。


失点
・競技や勝負で点数を失うこと。また、その点数。⇔得点。
・おちど。欠点。


KO
(英knockout(ノックアウト)の略)ボクシングで、相手を打ち倒して、レフェリーが一〇数え終わるまでに立ち上がれないようにすること。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
田中将大(楽天)のデビューは、涙の6失点KO 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる