気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS 旭天山が八百長疑惑「仲介役」で、旭天鵬の付き人を外される

<<   作成日時 : 2007/03/11 19:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

旭天山
1973年8月4日生。モンゴル・ウンデルハーン市出身で大島部屋所属の大相撲力士。身長185p、体重105kg。2005年6月22日に日本国籍を取得し、本名は佐野武(さの たけし)、モンゴル名はバトムンフ・エンフバト。最高位は西幕下13枚目(2004年7月場所)。

1992年に旭鷲山、旭天鵬ら5人と共に来日し、1992年(平成4年)3月場所で初土俵を踏んだ。入門初期に旭鷲山、旭天鵬ら5人が日本の生活習慣に馴染めず脱走事件を起こしたことがあったが、彼はそれに参加しなかった。小兵のため序二段、三段目で苦労し、入門から4年経過した1996年(平成8年)3月場所に幕下に昇進した。三段目に陥落することもあったが1998年以降幕下に定着した。

1999年に外国人の入門が解禁されたため、モンゴル出身の力士が数多く入門した。旭鷲山や旭天鵬は上位で活躍し、後輩力士が遠慮してしまうことが多ったため、幕下の旭天山が積極的にモンゴルの後輩に声を掛けるなど、その存在がモンゴル出身力士の心の支えになっている。現在は相撲教習所で指導員を務め、相撲以外にも日本語や日常生活に関わることをモンゴルの後輩力士達に指導している。


八百長
八百屋の長兵衛、通称八百長という人がある相撲の年寄とよく碁をうち、勝てる腕前を持ちながら、巧みにあしらって常に一勝一敗になるように細工したところから起こるという
・相撲、あるいはその他の競技で、前もって勝敗を打ち合わせておき、表面だけ真剣に勝負を争うように見せかけること。「八百長試合」「片八百長」
・転じて、一般に、前もってしめし合わせておきながら、さりげなくよそおうこと。なれあい。


疑惑
本当であるかどうか疑うこと。どうも変だと疑うこと。また、その気持。


仲介
・双方の中に立ってその便宜をはかること。なかだち。「仲介の労をとる」
・第三者が、紛争当事者の間に立って解決に努力すること。
・不動産の売買で、手数料をとって物件の売手、買手の斡旋をすること。


旭天鵬
1974年9月13日生。モンゴル国ナライハ市出身で大島部屋所属の現役大相撲力士。本名は太田 勝(おおた まさる)、モンゴル名はニャムジャブ・ツェベクニャム。最高位は関脇。身長191cm、体重154kg、血液型はO型。長身で懐の深さをいかした取り口である。得意手は右四つ、寄り。

1992年に旭鷲山、旭天山らとともに来日し大島部屋に入門、初のモンゴル出身力士となる。もともと相撲や柔道の経験はほとんどなく、中学時代はバスケットボールをしていた。

来日して半年後、稽古の厳しさや日本の食文化等に馴染めず、ともに来日した5人とモンゴル大使館に駆け込むが、モンゴルの実家まで来た師匠大島に「今に相撲はモンゴルの時代になる」と説得され、部屋へ戻った。

来日後の3カ月間は通訳がついたものの、ほとんど辞書を使わずに流暢な日本語を修得。その経験を買われて、2000年5月30日に、「学習ストラテジー概論:効果的な言語習得のために」というテーマで、早稲田大学日本語研究教育センター教授の宮崎里司と対話形式で授業を行ったことがある。その模様は、同教授の著書「外国人力士はなぜ日本語がうまいのか」(日本語学研究所、2001年、ISBN 4625683181)でも紹介されている。


付き人
付き添って身のまわりの世話をする人。つきそい。かしずき。もりやく。



フコイダンとモズク




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旭天山が八百長疑惑「仲介役」で、旭天鵬の付き人を外される 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる