気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS 高橋尚子、朝原宣治の格付けがBからCに降格

<<   作成日時 : 2007/03/12 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高橋尚子
日本人マラソン選手。2006年大阪学院大学教授に就任。1972年5月6日生。
岐阜県岐阜市出身。血液型はO型。母親は青森県出身。

岐阜市立藍川東中学校から陸上競技を始める。岐阜県立岐阜商業高等学校を経て大阪学院大学商学部卒業。
1997年1月26日の大阪国際女子マラソンが初マラソン。翌1998年3月8日の名古屋国際女子マラソンでは、2時間25分48秒という、当時の日本最高記録を4秒更新してのマラソン初優勝を果たす。同年12月6日のバンコクアジア大会女子マラソンは、最高気温30度を超す猛暑のレースとなったが、2時間21分47秒の驚異的な日本最高記録(当時)を達成。一躍シドニーオリンピック女子マラソンの金メダル最有力候補として注目される。2000年3月12日、シドニー五輪の選考会となった名古屋国際女子マラソンで優勝。これにより、五輪代表の切符を獲得。

2000年9月24日のシドニー五輪女子マラソンでは、ルーマニアのリディア・シモンと激しくデッドヒートを演じるが、34Km過ぎで銀メダル獲得のシモンを突き放し、そのままトップでゴール。つねにレースを引っ張る堂々たる走りは、ゴール後のさわやかな笑顔とともに、世界のマラソンファンに強い印象を与えた。高橋の五輪での金メダル獲得は、日本マラソン界の長年の悲願達成であるとともに、日本女子陸上界においても史上初の快挙だった。またゴールタイムの2時間23分14秒も五輪最高記録である。これらの功績により、女子スポーツ選手として初めて国民栄誉賞を受賞。

2001年9月30日にベルリンマラソンで女性初の2時間20分突破となる、2時間19分46秒の世界最高記録(当時)をマーク。


朝原宣治
兵庫県神戸市北区出身の陸上選手。1972年6月21日生。
小部中時代はハンドボール部レギュラーで全国大会出場果たす。なお、現在同中学校のハンドボール部は廃部となっている。 陸上競技は夢野台高から始め、高3時に走幅跳でインターハイ優勝。
当初走幅跳専門だったが、1993年10月26日に行われた国体の100mにおいて、当時の日本記録である10秒19をマークして優勝し、以後、スプリンターとして注目されることになった。 当時和製カール・ルイスと呼ばれた。 愛称はノビー。
100mの功績は大きく、1993年の10秒19、1996年の10秒14、1998年の10秒08と、日本人として初めて10秒1台、10秒0台を記録し、日本記録を3回更新した。 また、オリンピック、世界陸上の100mでは、1996年のアトランタ、1997年のアテネ、2001年のエドモントン、2003年のパリと、4回準決勝に進出している。
2001年から、走幅跳専門を封印し、100メートル専門にすることにした。 自己ベスト100m:10秒02(日本歴代2位)。200m:20秒39(日本歴代4位)走幅跳:8メートル13(日本歴代4位)

妻はシンクロナイズドスイミング、バルセロナオリンピック銀メダリストの奥野史子。


格付け
・物事の価値や能力、資格などに基づいて分類し、段階を定めること。等級に分類すること。「職級の格付け」
・商品などの品の等級を定めること。「厳しい格付けをして出荷する」


降格
式、資格、地位などが下がること。また、下げること。




甘い審査のローンカード




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高橋尚子、朝原宣治の格付けがBからCに降格 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる