気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS 石原慎太郎氏ら現職9氏が当選(2007/4/8)

<<   作成日時 : 2007/04/09 09:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

石原慎太郎
石原 慎太郎(いしはら しんたろう(旧字体では『石原愼太郎』とも表記される)、昭和7年(1932年)9月30日 - )は、日本の政治家、小説家。学歴は一橋大学法学部卒業。学位は法学士(一橋大学)。自民党員。現東京都知事、元衆議院議員、元参議院議員。環境庁長官、運輸大臣を歴任。現同賞審査委員。戸塚ヨットスクールを支援する会会長。賞歴は芸術選奨文部大臣賞。第34回芥川賞、平林たいこ賞受賞。
新しい歴史教科書をつくる会に賛同するなど、右派・新保守主義的政治家の代表として知られる。
日本の著名な歌手兼俳優の石原裕次郎の実兄という知名度、強い個性とリーダーシップというイメージから、1999年の東京都知事選では有力候補を押さえて大差で当選し、続く2003年の都知事選では有力な他候補が存在しなかったこともあり、史上最高の得票率を得て再選し、現在二期目である。主な支援団体は自民党・霊友会。
兵庫県神戸市須磨区生まれ。一橋大学在学中の1956年、『太陽の季節』により第34回芥川賞を受賞、文壇デビューを果たす。
1968年に参議院議員に初当選、1972年には衆議院に鞍替え出馬し当選する(以後連続8回当選)。1975年、現職の美濃部亮吉に挑戦する形で東京都知事選に自民党推薦で出馬するも落選。その後1976年福田内閣で環境庁長官を、1987年竹下内閣で運輸大臣を歴任、1989年には自民党総裁選に立候補し、海部俊樹に敗れる。1995年、議員勤続25年を祝う永年勤続表彰の場で、突如議員辞職を表明した。
1999年、再度、都知事選に出馬。立候補を表明するのが有力候補中最も遅かったが、舛添要一・鳩山邦夫・明石康といった有力候補がひしめく中、166万票を得票して当選。2003年には308万票(得票率史上最高)を得て再選を果たした。
2006年5月15日、「8都県市首脳会議」後の報道陣との質疑で三選出馬を正式に表明した。
『「NO」と言える日本 −新日米関係の方策−』(盛田昭夫と共著)、『弟』はミリオンセラーとなった。
家族は妻と4男(伸晃・良純・宏高・延啓)がいる。趣味はヨット、テニス、スキューバダイビング。


現職
現在ついている職務、職業。また、現在、ある職務、職業についていること。「現職にとどまる」「現職教育」


当選
・選抜されること。選ばれること。
・選挙によって選び出されること。選挙によって選び出されたことが確定すること。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
石原慎太郎氏ら現職9氏が当選(2007/4/8) 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる