気になる言葉を辞書で調べてみました

アクセスカウンタ

zoom RSS 松坂&松井稼が試合後に立ち話(2007年ワールドシリーズ第3戦)

<<   作成日時 : 2007/10/29 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

松坂大輔
松坂 大輔さんは、ボストン・レッドソックスに所属するプロ野球選手(投手)です。背番号は18。
父は北海道稚内市出身で、母は青森県出身。弟・恭平は四国アイランドリーグの愛媛マンダリンパイレーツに所属する野球選手(内野手)。妻は元日本テレビアナウンサーの柴田倫世。夫婦の間には2005年12月に誕生した長女がいます。

「大輔」という名前は、1980年に大旋風を巻き起こした甲子園のアイドル、早稲田実業の荒木大輔のように甲子園で活躍できるようにという親の願いからつけられたものであり、その親の願い以上の結果を甲子園、プロで残しています。

愛称は「マツポン」「マツ」「ダイスケ」、アメリカメディアでは「Dice-K」、「D-Mat」という愛称が使われている。ボストンでは「Dice-K」が好まれる。本人は「D-Mat」をサインに使うこともあります。


松井稼頭央
松井 稼頭央さんは、米メジャーリーグのコロラド・ロッキーズに所属するプロ野球選手で、ポジションは内野手である(主に遊撃手、二塁手)。大阪府東大阪市出身。右投げ、両打ち。背番号は7。
PL学園から1994年、ドラフト3位で西武ライオンズに入団。

高校時代は「桑田2世」とも呼ばれた投手であったが、ケガが多く、試合ではあまり投げることができなかったと本人は後年語っている。入団当初の背番号は32、1997年から西武黄金期を支えた遊撃手・石毛宏典の背番号を受け継ぎ7に変更し、応援歌では「ミスターレオ」と呼ばれていた。


試合
武芸、競技などで技の優劣を競いあうこと。マッチ。ゲーム。「完全試合」「御前試合」


立ち話
立ったままで話すこと。またそのちょっとした話。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松坂&松井稼が試合後に立ち話(2007年ワールドシリーズ第3戦) 気になる言葉を辞書で調べてみました/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる